FC2ブログ
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女は後天的に片脚がなかった。



あるとき、少女のもとに神がやってきた。

「少女よ。そなたに脚を与えよう。好きなものを選びなさい」

そういうと、神は無数の脚を少女の前に並べた。

牛、馬、カエル、ブタ、カラス、羊、サイなど様々な動物の脚があった。

散々探して、やっとのことで人間の脚を二本見つけた。

一本は毛むくじゃらの男の脚。

もう一本は可愛らしい少女の右脚そっくりの左脚。

少女は迷わずその脚を選んだ。



神は怪訝そうに

「それでよいのか?後悔はしないな?」

少女はニッコリと肯いた。

「少し時間が掛かる。晩まで待ちなさい」

そういうと、神は少女の前から消えた。




その日の夕食のとき、少女は泣いた。





(解説)

神は少女に「食糧」としての脚を与えるつもりだったが、少女は失った脚を

もらえると勘違いしたという話。
スポンサーサイト

テーマ:創作シナリオ
ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

imikowa88

Author:imikowa88
自作小説みたいなものを
不定期更新します。

保管庫みたいなものなので
あたたかい目で見守ってください。

作者解説を読みたい場合は、
[続きを読む]をクリック、
またはタップしてください。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。