061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惨殺事件の現場

数年前惨殺事件があったという家に

俺と友人A、Bの三人で、深夜に肝試しにいった。

「なぁ・・惨殺(ざんさつ)だったんだろ?恨みとか凄そうじゃん、怖ぇよ」

「あぁ、そりゃ悲惨だったらしいぞ。抉(えぐ)られたり、くりぬかれたり、

滅多(めった)刺しにされたり・・しかも犯人はまだ捕まってないんだよな」

「だけどA、おまえ普段幽霊なんて怖くない、なんて言ってなかった?」

・・なんて言いながら、家の中を懐中電灯の灯り一本で見てまわった。

割とキレイなままのキッチン、

座布団があちこちに散乱している居間と思われる部屋、

仏壇の扉が開いたままの仏間・・





気味は悪かったが、これといった霊現象を体験することもなく、家を出た。

「なぁ、俺、霊みたいの何も見なかったけど、おまえ見た?」

「いや、俺もな~んにも。おまえは?」

「俺も全然見てないよ」

「俺も、何も見て無いんだよ」





結局、何もなかったな。

少し拍子抜けしたが、安心した。












(解説)

非常に単純な話で、「俺」と友人2人以外にもセリフがある。じわこわスレでは

凝った話や長文の話よりも、こういったシンプルな話の方が人気があるようである。

意味分かると怖いコピペスレとはまた違った反応である。



↓2ちゃんねる投稿時のヘッダー(初出「じわじわ来る怖い話part5」)

25 :sage:2007/07/27(金) 11:37:49 ID:+GQG3LvV0
スポンサーサイト

テーマ:創作シナリオ
ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

imikowa88

Author:imikowa88
自作小説みたいなものを
不定期更新します。

保管庫みたいなものなので
あたたかい目で見守ってください。

作者解説を読みたい場合は、
[続きを読む]をクリック、
またはタップしてください。

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。