FC2ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かくれんぼ

「いいか、目をつぶって10数えるんだぞ」



さっくんはいつものように命令口調で言いました。

たかがかくれんぼで大声で命令します。

僕とターちゃんは、クスクス笑いながら、隠れるところを探しに部屋を飛び出しました。

しげるくんが鬼。しげるくんは浅黒い肌をしていて、誰か芸能人に似ています。



「いーち、にぃー、さぁーん…」



しげるくんはわざとゆっくり数えて、僕たちに隠れる時間をくれました。

僕はくろーぜっとの中、ターちゃんはべっどの下、さっくんは体が大きいので、

隠れるところがなかなか見つからないようです。

さっくんは、突然家を飛び出しました。

家を出てはいけないというルールを自分で決めたのに。



「じゅーう…」



しげるくんが数えおわって

          「もういいかーい?」

僕たちふたりは

          「もういいよー!」



僕とターちゃんはすぐに見つかってしまいました。さっくんはまだ見つかっていません。






10年経った現在もまだ……
スポンサーサイト

テーマ:創作シナリオ
ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

imikowa88

Author:imikowa88
自作小説みたいなものを
不定期更新します。

保管庫みたいなものなので
あたたかい目で見守ってください。

作者解説を読みたい場合は、
[続きを読む]をクリック、
またはタップしてください。

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。