FC2ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短期連載小説1 ~ 事件

(注意!)


グロ表現・残酷描写あり

それでもかまわない、読んでみたいという方は、

[read more!] をクリックしてください。



    ―― 1 ――


ゆっくりとナイフを突き刺した。

確実に仕留めるために。

トクトクとナイフを通して脈動が伝わる。

このまま、手を離したら、ビクンビクンとナイフが上下動するだろう。

一瞬、手をはなしたい誘惑に駆られた。


俺はAを殺すために、ヤツの部屋にやってきた。

あいつはすっかり油断して、俺を部屋に招き入れた。

俺が抜き身を取り出した後も、驚いた顔をしただけで、

さして抵抗もせず、なすがままにナイフを受け入れた。



俺は奇妙に落ち着いていた。

人は本当に驚くと何もできなくなるのだ。

ぐさりと脇腹につきいれたナイフは、しかし、致命傷には

ならなかったらしく、Aは何ごとかつぶやいた。



ゆっくりとナイフを抜き、もう一度、もう一度と。

スローモーション。瞬きさえも10秒はかかる。

何度も腹を往復し、その度に俺は人間の急所を理解していった。

気づくと温かい鮮血が手にかかり、俺は血まみれになっていた。



このままでは家に帰れぬ。

血まみれのままでは。逮捕してくれと言っているようなものだ。

想定通り、Aの部屋の風呂場でシャワーを浴びて、Aの服を着て、

Aのふりをして、何食わぬ顔をしてマンションを出るつもりだ。

エレベーターの監視カメラにも、夜中にAが外出する姿が映るだろう。



俺は鼻歌を歌いながら、血まみれの服を脱ぎ捨て、風呂場に向かった。

今夜は最高の気分だ。羽があったらはるか上空まで飛んでいける。

シャワーを浴びながら、腹のあたりにしびれるような痛みを感じた。

何度かナイフを刺しているうち、Aのやつは、抵抗を試みたらしく

俺のTシャツはビリビリに破け、体にAの爪痕が残っていた。


(くそったれ!最高の気分が台なしだ!くそが!)


俺は悪態を吐きながら、シャワーヘッドを叩きつけた。

動きとともに鋭痛が体を襲う。

死んでまでも俺を苦しめるなんて。

どんなに殺しても殺したりないやつだ。

俺は、体にこびりつくAの血を丹念に洗い流すと、風呂場を出た。




……!




おかしい……。

部屋をどこを見渡しても、Aの死体が見当たらない。

さっきまでそこに横たわっていたものが。


「そんなバカな!そんなことが……」


Aの死体がないばかりではない。Aの血も俺の服もすっかり消えていた。



夢でも見ていたのか?あまりの殺意に。あまりの欲求に。

俺は自分を見失い、妄想でも見ていたというのか。

あのリアルな感覚は未だに手に残っている。

あの鮮血。あの鋭痛。あの末期の表情。

全て鮮明に覚えているのに。その証拠が手元からすっかり消えている。



夢ではない証拠に、ここはAの部屋だ。ふだん使い慣れないシャンプーの

香りが、俺の頭から発している。俺の腰にはAの使い込んだバスタオルが

まかれている。



「いったいどういうことだ?」
スポンサーサイト

テーマ:ミステリ
ジャンル:小説・文学

コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

imikowa88

Author:imikowa88
自作小説みたいなものを
不定期更新します。

保管庫みたいなものなので
あたたかい目で見守ってください。

作者解説を読みたい場合は、
[続きを読む]をクリック、
またはタップしてください。

最新記事

最新コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。